関電、節電数値目標は回避へ 余力3%の数字はどこから

関電、節電数値目標は回避へ 余力3%
ネットニュースで今夏の節電は数値目標回避と出ていたので、他のニュースも見てみました。最大電力と供給力の数値がバラバラなので、どれを基準に考えれば良いのか迷ってしまいます。
大飯原発が稼働しない分の236万KWをどう補うかで今夏の供給力が決まります。火力で170万、電力融通で約90万、合計約260万という数字を見ると原発が稼働しなくても大丈夫そうです。
余力3%という数字ですが、無理に強調したい数字なのですかね。計算方法が違う気がします。
まずは、あるニュースで出ていた数字です。
———————————————
2014年夏
予測 最大電力2,870万KW  ←昨年より25万KW増
供給力 2,960万KW   ←昨年より28万KW増
最大電力 2,○○○万KW ←(実際の数字は9月くらいにわかる)
・定着した節電268万KW。
・大飯発電所も含めて原発の再稼働はない。-236万KW
・火力発電(+170万KW)と電力融通(+約90万KW)で補う。
———————————————
これを元に、計算していきます。
余力3%というのは、予測最大電力2,870万÷供給力2,960万で0.9695
四捨五入して0.97 使用率97% 余力3%
ということからの数字です。
不思議なことに今夏の最大電力は昨年より25万増えると予想しています。これだけ節電が言われているのに最大電力が増えるというのは、どういうことでしょう。
また、昨年の実際の最大電力は、2013年8月22日14時~15時の2,816万KWです。
ということは、最大電力2,816万÷供給力2,960万で0.9611
四捨五入して0.961 使用率96.1% 余力3.9%
という数字の方が余力の数字を出すには適当かと考えます。
あくまで最大電力ですので、8月のその他の日には、こんなに電力は使っていません。ピークの時の余力3.9%ですので、ほかの日にはもっと数字が増えます。
昨年までにやっていた節電対策をしていれば、それほど厳しい夏にはならなそうです。
5月の連休明けに政府が今夏の対策を決定する予定です。
関電、節電数値目標は回避へ 原発ゼロでも今夏余力3%
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140417-00000013-asahi-bus_all
需給予備率「3%」も 融通前提9電力、今夏見通し
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140417-00000087-san-soci
電力融通、昨夏の2.5倍に…関電7、8月
http://www.yomiuri.co.jp/osaka/news/20140416-OYO1T50037.html

(Visited 34 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク