九州電力も余力3% 今夏の電力需給見通し

震災後の最大電力が下がったグラフから急激に伸びてきています。
九州電力も余力3%ということで調べてみました。昨年は暑かった。震災後の最大電力が下がったグラフから急激に伸びてきています。
———————————————
2014年夏
予測 最大電力1,671万KW  ←猛暑の場合(昨年は1,610万KW)
供給力 1,722万KW   ←電力融通分も含む(昨年は1,659万KW)
最大電力 1,○○○万KW ←(実際の数字は9月くらいにわかる)
・定着した節電の9割を見込む 161万KW
・原発の再稼働はない。
———————————————
余力3%というのは、予測最大電力1,671万÷供給力1,722万で0.97
  使用率97% 余力3%
ということからの数字です。
昨年は8月20日16:00~17:00の最大電力1,634万KWが最高です。この日の最高気温36.8度です。
今年も猛暑だとすると最大電力1,634万÷供給力1,722万で0.9488
四捨五入して0.949 使用率94.9% 余力5.1%
とここまで今夏の電力需給見通しについて書いてきたのですが、ちょっと気になる表があります。
2013年の電力需給見通し
これは、2013年の電力需給見通しのグラフなのですが、8月の供給力が1,659万KWとなっています。実際に8月20日の最大電力1,634万KWの時にこれだけしか供給力がなかったら、余力1.5%となったはずです。
でも実際には、8月20日の供給力は1,714万KWありました。使用率95.3%、余力4.7%です。
というわけで、今回はここまで、次回に続く・・・。

(Visited 39 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク