エアコンと扇風機を上手に使う

バルミューダ 扇風機
暑さ対策にエアコンは、上手に使いましょう。設定温度を高めにしましょう。
また、エアコンをこまめに入り切りはダメです。リモコンで「入り」にしてから20分くらいが消費電力が最も大きいので、冷え切らないうちに入り切りを繰り返すと節電になりません。1時間くらいつけると部屋も冷えて安定運転になります。消費電力量もそれほど増えません。
30分~1時間くらい切るなら、そのまま運転にしていた方が消費電力は少なくて済みます。
エアコンの設定温度を高めにして、扇風機で空気の流れをつくると涼しいです。一般的な扇風機の消費電力量は、30W~40Wくらいですが、バルミューダの扇風機は、弱運転ですと消費電力2Wです。
節電にも効果的です。
暑い夏にエアコンや扇風機を使わないのではなくて、消費電力量が少ない使い方をすることで節電しましょう。

■バルミューダの扇風機
ちょっと高めですが、節電効果は抜群。一つ一つの家電製品の消費電力を調べて、なるべく電気を使わない製品を選ぶことで節電対策になります。最弱運転時の消費電力は、わずか2W。1日8時間使用しても、1日の電気代は0.4円、1ヵ月でも13円と、とても経済的。

(Visited 83 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク