洗濯機で節電

洗濯機に今は乾燥機能もついているものもありますが、節電を考えた時には、乾燥機能は使わずに「洗い」だけにしましょう。
洗濯機の容量の80%くらいで運転すると効率的です。何回かに分けるよりも、容量いっぱいに洗濯するよりも80%を目安にしましょう。
1回の消費電力はほとんど同じです。
あまり汚れのないものは「スピードコース」「早洗い」などにすると通常コースやおまかせコースよりも節電になります。
■従来式とドラム式
従来からある、水を渦巻きにして洗うタイプの洗濯機と最近はたたき洗いが出来るドラム式もあります。
節電効果は、今はどちらも同じくらいです。
Pasonic製の従来型とドラム式を比べてみると
従来型 Panasonic NA-FS90H5
・洗濯容量 9kg
・消費電力(洗濯時)255W
・消費電力量(定格洗濯時)65Wh
ドラム式 Panasonic NA-VX7200L
・洗濯容量 9kg
・消費電力(洗濯時)230W
・消費電力量(定格洗濯時)68Wh
ほぼ一緒です。機種によって消費電力量が増えたり減ったりします。

■昔の洗濯機を使っている場合
問題は、昔買った洗濯機をそのまま使っている場合です。機種によっては、最新式の倍の消費電力量ということもあります。
電気代が高くなった今は、買い替えも検討する必要があります。購入した時のカタログがあれば、又はネット上で型番で調べると、消費電力量がわかります。あまりにも多い場合には買い替えしたほうが、トータル的にお得です。

(Visited 73 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク