冬の節電はタイマーを上手に使う

コンセントのところにつけるタイマーをうまく活用することで長時間電気を使わずに節電できます。
長時間使う電化製品で途中で電源が切れてもそれほど問題のないもの
・コタツ
・電気カーペット
・電気毛布
・オイルヒーター(24時間タイマー付のものが多い)
これらの機器をタイマーで制御すると節電効果がかなりあります。
タイマーには、大きく分けて2種類あり「時間が来たら電気を切る」「24時間でON-OFFを繰り返す」のどちらかになります。
例えば、コタツは、長時間つけておくと電気代が掛かりますので、一定時間後に切るタイマーを使います。電気カーペットも同じで一定時間後に切るタイマーが有効です。まめに切る事で節電になります。
オイルヒーターは24時間タイマーで自動制御するのが効果的です。
電気毛布は、どちらが良いかは使い方によります。
このように、タイマーをうまく使うことで節電効果があります。
「時間が来たら電気を切るタイマー」

「24時間でON-OFFを繰り返すタイマー」

(Visited 37 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク