太陽光発電で蓄電池に電気を貯める。車から電源を確保する。

太陽光発電で発電した電気を蓄電池に貯めておき、必要な時に使うのが電力会社からの電気を買わないので節電になることが分かります。
でも、家で使う電気を蓄電池でまかなおうとすると、とても大きな蓄電池が必要になります。このため、停電時でも必要な電化製品だけをまかなえる容量の蓄電池を設置するところが通常のやりかたです。
それと、同じ蓄電池を使っている車も電気を供給することが出来ます。ただ問題は、電圧が違うことです。
車は12V、家の電気は100V、直流、交流という電気の性質も違います。
これには、インバーターという機器を中間につけることで、車の12V直流電源を、100V交流電源に変換することが出来ます。
もし、電気の無い生活になった場合、1日くらいは生活できますか?
蓄電池やインバーターを準備して、1日くらい生活できるようにしておく事は、節電対策もしていることになります。
詳しくは、自然エネルギー専門店をご覧下さい。


(Visited 57 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク