暖房に使用する機器の選び方

20121130004.jpg
暖房というとエアコンやコタツ、電気ストーブ、石油ストーブ、ガスストーブ、電気カーペット、オイルヒーターなど様々な種類があります。
エアコンを使うと節電にならないというのは昔の考え方で、最近のエアコンは、消費電力の少ないエコ製品も多いので、上手に選んで使う必要があります。
部屋全体を暖めるのは、エアコンや石油ストーブなどの空気を循環させるタイプです。部分的に暖めるのは、電気ストーブやコタツなどです。
両方を効率よく使うことで節電効果があります。
冬の節電は、各機器の消費電力量を抑える事と使用時間を短くすることの2点になります。
・消費電力量の大きい機器よりも小さい機器を選んで購入する。
・使用する時間を短くする。
また、暖房を使用している時の湿度も大きく影響します。湿度は高めにするように加湿器などで調整しましょう。湿度が上がると体感温度も上がります。気化式の加湿器なら消費電力が少なく済みます。
暖房設定も低めでも暖かく感じられます。
冬の節電は、電気をまったく使わなくすることが出来ないので、消費電力を抑えるようにする必要があります。薪ストーブならば電気を使わないのですが・・・。
ホンマ製作所の薪ストーブ値段をチェックする

(Visited 53 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク