白熱電球よりLED電球の時代


政府は、この夏の白熱電球の販売自粛を家電量販店、スーパー、メーカーに対して行いました。
今でも白熱電球を使う必要はぜんぜんありません。LED電球のイニシャルコストは高くても電気代は、少なくみても6分の1になるので、数ヶ月で元は取れます。その後は、使うだけ節電になります。
白熱電球が100円とした場合、LED電球は1000円です。(今はもっと安くなっています。)今回はわかりやすく10倍の値段の違いで考えます。
白熱電球の寿命1,000時間、LED電球の寿命40,000時間、寿命だけ見ても40倍あります。つまり40,000時間つける場合には、LED電球なら1個で良いのに対して、白熱電球は40個必要になります。これだけでもLED電球にする方が、お徳になります。
また60w型の白熱電球の消費電力は54ワットに対し、LED電球60w相当の消費電力は8wです。電気代6分の1になります。
ということで、LED電球は最初の値段が高いように思ってしまいますが、トータルで考えれば、ぜったいお徳という事が分かります。
40,000時間使用したときの電気代の差が4万円以上になります。白熱電球を使っていると、同じ明るさで4万円以上も余計に支払うという事になります。
これは60w型電球1個の比較ですので、個数が増えれば増えるほど、金額も大きくなります。だから、白熱電球を使う必要はまったくありません。LED電球に替えたほうがお徳です。
LED電球を探すならこちらから

(Visited 47 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク