2012年夏の節電 電力需給見通しから

平成24年夏期の需給見通しについて
東電発表の電力需給見通しによると、今夏は、安定的な電力供給を出来る見通しという事です。一安心です。
原発ゼロで、他の発電を使うことで7月は、5,786万kW、8月は、5,771万kWの供給力を確保できる見通しです。昨年の供給力は、約5,600万kWです。
需要予想は、平年並みの気温の場合、5,360万kW、猛暑の場合、5,520万kWです。猛暑の場合でも予備力250万kW程度があるので今夏は乗り切れるという事です。
今夏、東電管内でこれで乗り切れた場合には、東電の企業努力は素晴らしいと評価できます。原発が0機でこれからもやっていける事が証明されます。東電管内には原発稼動しようと言う人はいなくなるでしょう。
但し、これからは、電気料金の値上げが待っています。
関西電力 7月2日以降の節電ご協力を
そして、問題になっているのが関西電力管内です。「7月2日以降の節電にご協力を」と節電のお願いをしています。
関西電力発表の「今夏の需給見通しと節電のお願い」を見てみますと、
わかりやすいように東電との比較でまとめました。
原発ゼロで、他の発電を使うことで7月(後半)は、2,517万kW、8月は、2,542万kWの供給力が確保できる見通しです。昨年の供給力は、約2,947万kWです。
需要予想は、平年並みの気温の場合、???kW(掲載していません。)、猛暑の場合、2,987万kWです。「これには、定着した節電・随時調整契約を織り込んで想定しています。」と書かれています
なんだかおかしな説明ですよね。今年の需要予想2,987万kWは、かなり多く見ていませんかね。もし去年、同じ電力予想をした場合には、供給力2,947万kWしかないところに、2,987万kWの需要という大変な事態になっていました。
これが、節電を織り込んだ想定なのでしょうか?
関西電力管内の人は、一切節電をしていないようにも見える内容です。節電、節電とかなり言われてきている中で、これほど、関西電力管内の人を信頼していない内容は失礼にも感じます。
大変な思いをしている東電は、今夏、安心できる内容の需給見通しであり、それに比べると、何もしてこなかったのだろうかと言う内容の発表をした関西電力。
本当に、今夏2,987万kWの需要があるのでしょうかね。不思議な数字と言えますが、それなら、この1年間でそれに見合うだけの設備をつくってこなかったのは、なぜなのでしょう。
不思議です。

(Visited 47 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク