緑のカーテンで節電

20120518midori.jpg
「緑のカーテン活動」が地球温暖化防止として注目されていました。
自然の植物でカーテンのように作ることで陽射しをさえぎり、植物の蒸散作用を利用して周囲の温度を下げようという試みです。
現在は、東北電力の「緑のカーテン運動」のように省エネ、節電対策にも注目されています。
ゴーヤのカーテンは、有名ですが、朝顔のカーテン等、ツル性の植物なら緑のカーテンを作ることが出来ます。
ちょうど5月の今の時期が種をまく最適の時期です。梅雨の前にまくことで、暑い夏にはきれいな緑のカーテンが出来上がります。
陽射しの強いところに簾をかけますが、その場所を今年は緑のカーテンにすることで、さらに涼しくなります。
種や苗で緑のカーテンが出来るものとして
パッションフルーツ
ゴーヤ
へちま
オカワカメ
アサガオ
ツルムラサキ
などです。
ゴーヤの苗を安く探すにはこちら★
パッションフルーツの苗を安く探すにはこちら★
へちまの種を安く探すにはこちら★

(Visited 62 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク