春の節電を考える

20120326t.jpg
春には、電力の需要量、供給量が極端に逼迫することは考えられませんが、地域によっては寒かったり暑かったり気候の変動が激しくなります。
この時に、需給関係のバランスが崩れますので、要注意です。
寒いと電力需要が高まります。もうそれほど寒くない地域では、出来れば洋服を厚着することで電気をなるべく使わない努力が必要です。
エアコンを使わずに済むのであれば、使わないことが節電になります。電気を使えば、電気料金が掛かりますので、このことからも使わない努力をすることが大切です。
春の節電対策は、電気料金を安くする節電対策を考えましょう。

(Visited 56 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク