冬の節電対策ここでチェック

冬の寒さ対策と節電はどちらも大切です。
では、夏、冬、両方に共通してする節電対策のまとめ。
1.エアコンを使わないようにする。使う場合には、設定温度を高く(低く)する
2.LED電球に交換する。
3.使わない電灯はこまめに消す。
4.窓に遮熱フィルムを貼る。遮熱スプレーも出ています。
これを元に、冬の節電について考えてみます。
まずは、深夜電力を使っている機器について。これはピーク時の節電ということを考えると関係ありません。
夜間電気温水器などがこれになりますが、ガスに代えるとかそんなことはしなくて大丈夫です。使えるならそのまま使って下さい。
大切なのは、ピーク時の節電です。
昼間や夕方に電気を使用する機器を考えて、電気以外に代わるものに出来れば節電対策になります。
エアコン、電気ストーブ、こたつ、電気毛布などなど電気を使っている機器はあります。夏のエアコンと違い冬の暖房は、必ず使います。寒さを我慢するのはやめましょう。
ストーブを電気機器から石油やガス機器に代えるだけでも、かなり節電効果があります。石油ストーブなら電気代なし、石油ファンヒーターなら電気代はちょっと掛かります。ガスストーブは電気代なしです。
家の暖房が節電対策のカギになります。
ランニングコストは、灯油の価格が上がっている今はどれも同じです。灯油が安くなれば、断然石油ストーブが安いです。

(Visited 44 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク