冬の節電 本当に必要ですか?

東京電力の電力需要のPDFファイルを良く見てみました。
東京電力の電力需要 最大電力
年度別の電力需要のページを見ると夏の最大電力は平成13年7月24日の6,430万KW、冬の最大電力は平成20年1月23日の5,502.2万KWです。
今後、日本経済が発展していくと最大電力は増えると予想されますが、ここ10年くらいは、それほど伸びている様子はなく、横ばいの傾向が続いています。
平成23年度の冬の予想を考えるときに最大でも5,500万KWです。
現在の東京電力の供給電力は、5480万kWです。冬もこのまま供給出来ると仮定すると、節電しなくても十分対応できるのではと考えられます。
今までの節電対策で、LED電球に変えたり、窓の断熱効果を高くしました。このことから、最大電力予想ももっと低く見積もることも出来ます。
冬の節電は、本当に必要なのかと疑問に思います。
これから涼しくなり、寒くなっていきます。無理な節電は止めて快適な生活をすることを考えましょう。

(Visited 18 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク