屋根の上に設置する場合の注意点

太陽光発電パネルを屋根の上に設置の注意点
節電には太陽光発電が有効です。自宅で発電できれば、また供給力が上回っていれば、電力会社からは買う必要がなくなります。
エコ意識の高まりや、節電対策で太陽光発電設備を考えている方も多いと思います。
通常は屋根の上に太陽光パネルを設置しますが、この時、どのように設置するのか良く検討してください。
瓦に器具をかませて設置するタイプ、屋根に穴を開けて設置するタイプ、いろいろとあります。強度の計算書を必ずもらってください。どのくらいの地震に耐えられるのか、知っているのと知らないのではぜんぜん違います。
屋根の上には、思い太陽光発電パネルをつけるとは想定していないで屋根を作りました。これをわかった上で設置してください。
屋根の上に太陽光パネルを設置するということは、人間で言うと頭がでかくなります。上部が思いと地震などに家自体が弱くなります。
屋根に穴を開けた場合には、雨漏れの心配も出てきます。コーキング処理されても、数年後には水が入ってくるということも考えてください。
瓦に取り付けでは心配、屋根に穴を開けると雨漏れが心配。
だから屋根の上に太陽光パネルを設置するときには十分注意してください。

(Visited 7 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク