冷蔵庫の節電方法

冷蔵庫の節電
家の中で365日休むことなく電気を使い続けているのが冷蔵庫です。食品を冷しておく、この冷蔵庫も節電を考えましょう。
まずは設定温度、夏は『中』にしましょう。『強』にする必要はありません。冬になったら『弱』にすることも忘れずに。
食品の入れ方は、冷凍庫と冷蔵庫で違います。冷凍庫は、いっぱいに詰め込みます。凍らせるものは詰め込むこと。冷蔵庫は、冷気が通るようにスカスカにします。詰め込み過ぎないようにしてください。
冷蔵庫の放熱板が後ろにある場合には、壁との隙間をあけることも大事です。放熱板が見えない冷蔵庫の場合には、放熱するときに冷蔵庫の後ろか左右が熱くなりますので、その面を壁から離すようにします。
長年使い続けている冷蔵庫なら、買い替えも検討する必要があります。
今の冷蔵庫はかなり節電効果が高いです。センサーや冷蔵庫の開け閉めの時間帯を監視して、開け閉めの少ない時間には節電モードになる冷蔵庫もあります。


人気の冷蔵庫 パナソニックNR-F475TM-N [シャンパン]はこちら

(Visited 18 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク