使用量が多くなると大規模停電が起きる

大規模停電回避
電力の供給量が少なく、使用量が大きくなると、どこかで大規模停電が起こります。どこで停電になるかは、なってみないとわかりません。
電圧が下がり電流が沢山流れるため、停電だけではなく、機器の破損も起きるでしょう。
パニックになります。1度この状態になったら、元の状態には回復できないダメージを受ける機器もでてきます。
大規模停電になるのなら、計画停電で電気を止めたほうが良く、節電で計画停電も回避できるのであれば一番良い方法です。
供給量の上限が決まっているので、その電気をみんなで節約しながら使っていきましょうというのが節電です。
節電することで、1日24時間電気を使うことが出来るので、誰かが節電しないと計画停電などの処置をとらないといけなくなります。

(Visited 9 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク