2011年の夏に電力が不足

電気使用グラフ
東京電力は、今年の夏の電力不足を解消するために、ガスタービン発電所を新設する予定です。ガスタービン発電所は、早く設置出来るので夏までに間に合わせようとしています。
全体の発電量を4700万キロワットまで回復させるために準備しています。
今はこれで余力がありますが、問題は電力需要の増加が見込まれる夏場の対策が必要となっています。
東京電力管内の夏場ピーク時の電力需要は6000万キロワットを予測しています。夏までに4700万キロワットを回復できたとしても、差し引き1300万キロワットが足りない計算になります。
約25%足りないことになります。そこで、節電を25%必要ということがさかんに言われています。

(Visited 8 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク